www.timebanditsvintage.com

夜遅くまで明るくしていると不眠症になり易いです

現代人は眠りに関する悩みを訴える人が多く、不眠症で満足に疲れが取れない人が増加しています。
現代人が不眠症になる一つの理由として、夜遅くまで明るい所にいる事があります。
人間が明かりという物を手に入れて以来、私たちは夜でも昼間のように明るくしている事が出来るようになりました。
その事によって、夜でも昼間の様に活動できるようになり、私たちの生活は夜にまで広がりました。
この事はメリットでもあるのですが、これが不眠症の原因となってしまったとも言えるのです。
人間は辺りが暗くなると、自然と眠くなるようになっています。
しかし明かりがあるおかげで、夜遅くまで明るくしている事が多くなりましたから、夜になっても眠気が起こりにくくなってしまっているのです。
なので床に就いても直ぐに眠くならず、いつまで経っても眠りに就く事が出来なくなってしまったのです。
ですから不眠症を改善する為には、就寝の数時間前から部屋を暗くして、自然と眠気を催す様にするのがベストかと思われます。
何かありましたら不眠症原因選びましょう。